サ行の用語

サ行の用語


公開日:2021/09/13
最終更新日:2021/09/17

酸素透過率

酸素透過率はコンタクトレンズにどれだけ酸素を通すか示す値です。同じ素材のレンズであっても厚みがあると酸素を通しにくく、薄いと酸素を通しやすいです。酸素透過率は酸素透過係数をレンズの厚みで割って算出します。角膜の健康を守るためには、しっかりと酸素を角膜に届ける事が重要です。酸素透過率が高ければ、コンタクトレンズをしていてもしっかりと酸素を角膜に届けることができます。

■関連コラム:自分にはどんなコンタクトがおすすめ?

ソフトコンタクトレンズ

ハードコンタクトと比較してレンズが柔らかい方がソフトコンタクトレンズです。素材は水を含んだ柔らかい素材で作られており、目の形にフィットしやすく作られているため、目への違和感がハードコンタクトと比べても少ないのが特徴。また、ソフトレンズは黒目よりも大きいレンズサイズで作られており、外れにくくズレにくいのも特徴です。

■関連コラム:コンタクトレンズのハードとソフトの違いって?

この記事を書いた人
minami
著者名:minami
年齢:25歳
コンタクト歴:11年
コンタクトデビューした年齢:14歳
視力:近視
プロフィール
中学の部活をきっかけにコンタクトデビュー。メガネが似合わないと思い続けて数年になるが、左右の視力が違うためコンタクトの購入が億劫になりがち。現在は2ウィークを愛用しているが、目のことを考えてワンデーに切り替えるか迷っている。ワンデーは金額がネック…。