コンタクトレンズってどうやって作られているの?


公開日:2015/12/29
最終更新日:2021/10/19

コンタクトレンズの製造方法として主流になっているのが、この3つです。

1つ目がレースカッティング。大きな材料を棒状にして、切削研磨を行い、1つ1つのレンズに作り上げていく方法です。繊細かつ様々なレンズのデザインを製造する事が可能なんですよ。

2つ目がスピンキャスト(キャスティング)。回転する型の中にレンズの原材料を流し込み、遠心力を利用してレンズに仕上げていく方法です。

3つ目がキャストモールド(モールディング)。凹型の鋳型に原材料を流し込み、凸型を合わせてレンズの形状にしていく方法です。

この記事を書いた人
はじめてのコンタクトレンズ編集部
著者名:はじめてのコンタクトレンズ編集部
年齢:20代
コンタクト歴:11年/5年
コンタクトデビューした年齢:14歳/19歳
視力:近視/乱視
プロフィール
こんにちは、はじめてのコンタクトレンズ編集部です。コンタクトデビューする方の不安やお悩みを解消するべく、サイトを立ち上げました。10代でコンタクトデビューした編集部員2名を中心に運営しています。