コンタクトで紫外線を防げるのか?


公開日:2015/12/29
最終更新日:2021/10/19

最近では、UVカット効果のあるコンタクトレンズも販売されています。製造の段階で紫外線を防ぐ素材を練り込んで作られているんですが、それぞれ素材によってUVカット率は異なってきます。
ヒドロキシエチルメタクリレートだとUV-A波を97%、UV-B波を81%カット、シリコーンハイドロゲルだとUV-A波を96%、UV-B波を99%カット出来ます。シリコーンハイドロゲルは素材が新しい分、UVカット率も高いんですね。
レンズだけでもUVカットの効果はありますが、完全にカット出来る訳ではありません。同じくUVカット加工のされているメガネやサングラスを使った方が、より良いですね。

紫外線にあまり強くないと、少し浴びただけでも充血や目の乾きを感じる事があります。また、目から紫外線を受ける事で角膜から脳に信号が伝達され、防衛反応としてメラニン色素を作り結果として肌の老化を促進してしまう事もあるので、紫外線対策は忘れないようにしたいですよね。

この記事を書いた人
はじめてのコンタクトレンズ編集部
著者名:はじめてのコンタクトレンズ編集部
年齢:20代
コンタクト歴:11年/5年
コンタクトデビューした年齢:14歳/19歳
視力:近視/乱視
プロフィール
こんにちは、はじめてのコンタクトレンズ編集部です。コンタクトデビューする方の不安やお悩みを解消するべく、サイトを立ち上げました。10代でコンタクトデビューした編集部員2名を中心に運営しています。