カラーコンタクトレンズ(カラコン)の基本

カラーコンタクトレンズ(カラコン)の基本


公開日:2015/12/29
最終更新日:2021/07/07

カラコンをする女性若い女性を中心に定着したカラーコンタクトレンズ(カラコン)。もはやメイクの一部と言っても過言ではありません。手軽に瞳の色を変えられると共に、目だけではなく顔の印象を変える事が出来るのが、支持されているポイントですね。また瞳の黄金比率(白目:黒目:白目の割合が1:2:1)をカラーコンタクトによって作り出し、美しさを表現出来るというのも魅力でしょう。

サークルレンズと呼ばれる場合がありますが、これはメーカーが医療用の透明なコンタクトレンズを作っているかどうかの差です。カラコンのみを作っているメーカーではカラーコンタクト、医療用コンタクトレンズを作っているメーカーではサークルレンズといった分類がなされている訳ですね。

最近では、黒や茶色などの自然な色味だけではなく、緑やグレー、青など、カラコンでしか体験する事の出来ない色味も多く用意されています。そのため、ナチュラルな色味のものは普段の仕事や学校用として、珍しい色味のものは特別な休日用に、と使い分けをしても良いかもしれませんね。

カラコンは直径の大きさが重要になってきます。自分の目に合うサイズで無いと不自然な目になりかねません。くっきりさせたいのか、自然に馴染むようナチュラルにしたいのか、自分の意思もあるでしょう。眼科では購入前にいくつかの種類を試す事も出来るので、どれだけ印象が変わるのかも含めてチェックしてみてください。きっと普通のレンズでは見られないような自分を見る事が出来ますよ。

この記事を書いた人
minami
著者名:minami
年齢:25歳
コンタクト歴:11年
コンタクトデビューした年齢:14歳
視力:近視
プロフィール
中学の部活をきっかけにコンタクトデビュー。メガネが似合わないと思い続けて数年になるが、左右の視力が違うためコンタクトの購入が億劫になりがち。現在は2ウィークを愛用しているが、目のことを考えてワンデーに切り替えるか迷っている。ワンデーは金額がネック…。