初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

カラコンのよくある質問

Q.ナチュラルカラコンってなんですか?

A.つけても見た目が自然なカラコンのことです。

ナチュラルカラコンは、つけても見た目が変わりすぎないカラコンのことです。自然であることを意味するナチュラル(natural)からきています。

カラコンが目の色を変えたり、黒目を大きく見せたりするコンタクトということは、みなさん知っていますよね。カラコンはオシャレのバリエーションを増やしてくれる便利なアイテムですが、中には「まわりの人たちにカラコンをつけていることを知られたくない…」と考える方もいます。カラコンばれしたくない方にオススメなのがナチュラルカラコンです。

日本では、主に次のようなカラコンがナチュラルカラコンに当てはまります。

・目になじむブラックやブラウンのカラー
・着色直径が13.4mm未満
・デザインがシンプル

Q.着色直径ってなんですか?

A.着色されている部分のサイズのことです。

着色直径は、カラコンの色がついている部分のサイズを表しています。この着色直径の数字が大きければ大きいほど黒目を大きく見せることができます。

着色直径のサイズは、11.6mmから14.6mmまでのものが一般的です。サイズによってイメージが変わるため、シーンや好みにあわせて使いわけましょう。

Q.着色内径ってなんですか?

A.着色部分の中央にある透明な部分のサイズのことです。

着色内径は、カラコンの中心にある透明な部分のサイズを表しています。着色内径の数字が大きいほどまわりの景色やものを見やすくなり、視界がクリアです。

反対に、着色内径があまりにせまいと、カラコンをつけている時にものが見づらくなってしまいます。カラコンを選ぶ時は、色がついている部分だけではなく、透明になっている着色内径の大きさも気にするようにしましょう。

Q.サンドイッチ方式ってなんですか?

A.2枚のレンズの間に色素をはさむ着色方法の1つです。

サンドイッチ方式は、サンドイッチのように2枚のレンズの間に色素をはさむカラコンの着色方法の1つです。

サンドイッチ方式は、目に直接色素が触れない、安全性が高い方法です。現代の多くのメーカーは、カラコンを作る時にこの方法を利用しています。しかし、2枚のレンズを重ねあわせているのでどうしてもレンズが厚くなってしまいます。つけている時に違和感を覚えやすい目に酸素が届きにくいというデメリットがあります。

Q.浸透方式ってなんですか?

A.レンズに色素を浸透させる着色方法の1つです。

浸透方式は、レンズに色素を浸透させるカラコンの着色方法の1つです。レンズに厚みが出にくい方法なので、浸透方式で作られたカラコンはうすくてつけ心地がいいというメリットがあります。しかし、色にムラが出やすいというデメリットもあります。

Q.プリント方式ってなんですか?

A.レンズに色素を直接プリントする着色方法の1つです。

プリント方式は、レンズに色素を直接プリントするカラコンの着色方法の1つです。色素はポリマー素材でコーティングされてプリントされますが、使っているうちにコーティングが剥がれてしまったという例があるため、サンドイッチ方式浸透方式に比べて安全性は低いです。