生レンズ(デイリーズ トータルワン)

最近、綾野剛さんのCMでお馴染みの「生」レンズという言葉をご存じでしょうか?「生感覚」のコンタクトレンズです。生感覚?と聞くとちょっと気になりますよね。とても印象的で新しいフレーズです。

とはいえ、実際のところ、どんなレンズなのか、よくわかっていない人がほとんどでしょう。こちらではそんな「生」レンズを解説していきたいとおもいます。

どうして「生感覚」なのか?

コンタクトによくある悩みとして、目の乾燥、装用時のゴロゴロ感、目の充血などが挙げられます。こういったコンタクトの付け心地について悩む人は後をたちません。

そんなコンタクトの付け心地の悩みを解消したいと開発されたのが「生」レンズです。「生」とはその文字通り、まるで何もつけていないかのような付け心地のことです。生感覚のレンズが従来のコンタクトレンズとどう違うのか見てみましょう。

生レンズの仕組みは?

長時間うるおいをキープするレンズ
このレンズには、人間の涙にも含まれる「フォスファチジルコリン」が含有されています。そのため、レンズが目によく馴染むのです。独自の「スマーティアーズ?テクノロジー」で長時間うるおいをキープする仕組みになっています。

ゴロゴロしにくいレンズ構造
レンズ中央部は含水率33%、目や瞼の内側に触れるレンズ表面部は含水率80%以上と、計算された構造で、うるおいを保ちながらも扱いやすく、快適な付け心地を実現しています。うるおいがキープされることで、摩擦が軽減され、ゴロゴロ感も感じにくくなっていると評判は上々のようです。

酸素透過率が高い新素材を使用
酸素が目に届かないと、充血など目の不調を引き起こしかねません。生レンズは、シリコーンハイドロゲル素材を使用。酸素透過率は従来品と比べ6倍アップし、より多くの酸素を届ける新素材です。

生レンズ、試してみませんか?

これまでにない快適なつけ心地を実現するために、「水分三層」という“世界初”の技術をつかっています。そのため、少々お値段は上がってしまいますが、きっと一度体感したら生レンズの魅力から抜けだせなくなることでしょう。従来のコンタクトレンズのイメージを変える「まるでなにもつけていない瞳」。 生レンズこと、アルコンの「デイリーズトータルワン」、まだ使ったことがない方はぜひ、その「生」感覚を体感してみませんか?

おすすめのコンタクトレンズはこちら

デイリーズトータルワン

デイリーズトータルワン

シリコーンハイドロゲル素材を採用し、従来のレンズの6倍の酸素を透過。涙の蒸発を防ぐスマーティアーズ™テクノロジーや部位によって含水率を変化させた水分三層構造で、新感覚の着け心地を提供。

デイリーズトータルワンを詳しくみる

生レンズの定価っていくら?


  生レンズに限らず、コンタクトレンズはネット通販ショップで購入するとお得であることを知っているユーザーは多いでしょう。しかしどのサイトも「お得」とだけ言い、実際にどれだけお得に購入できるかなどは記載していないケースがほとんどです。それでは本当にお得なのかわかりませんよね? そこで今回は、生レンズの定価や、ネット通販ショップを利用した際の差額などについて解説します。 生レンズの定価は? 生レンズ…  もっとよむ

生レンズとワンデーアキュビューオアシスを比較しました!


  ばつぐんのつけ心地と、まぶたへの刺激を抑える独自技術から「生感覚レンズ」として人気の生レンズ。しかし、コンタクトレンズメーカーはどこもつけ心地にこだわった製品を製作しています。それらの製品と生レンズはいったいどこが違うのでしょうか? 生レンズの販売元であるアルコンと同様、より快適な装用感こだわった製品を製作しているメーカーのひとつが、ジョンソン&ジョンソンです。こちらはアキュビューシリーズを販売しています。 アキュビューシリーズのうち、「ワンデーアキュビュ…  もっとよむ

生レンズにUVカット機能はあるの?

生レンズにUVカット機能はあるの?│はじめてのコンタクトレンズ.com

  紫外線は肌の日焼けだけではなく、目に浴びることで白内障などの眼病の原因になるとされています。そのため、瞳から紫外線が吸収されることを防ぐために、通年UVカットサングラス を着用する人も増えました。 また、「瞳に一番近い紫外線対策」と銘打って、UV吸収剤をレンズ素材に配合した製品も、多くのメーカーが製造しています。 もはや「…  もっとよむ

生レンズをしたまま眠っても大丈夫?


  「まるで生感覚」なんて言われたら、裸眼と同じ感覚で過ごせるのではないか?と考えてしまいますよね。そこでよく聞かれるのが「生レンズを着けたまま寝ても大丈夫?」という疑問です。確かに本当に「生感覚」なら、外さないで寝ても問題はないように感じますが、実際はどうなのでしょうか? 就寝時は絶対にレンズを外して! いくら生レンズと言えど、装用したまま眠るのは瞳に大きな負担がかかります。眠る時にもレンズを外さない連続装用タイプもありますが、それも就寝時に角膜に…  もっとよむ

ボシュロムに「生レンズ」はあるの?


  アルコン社の他にも「生レンズ」を取り扱っているメーカーがあるのか気になっている方も多いのではありませんか? そこで今回は、アルコン社と同じくつけ心地にこだわった製品を多く取り扱っているボシュロム社が生レンズを取り扱っているのか調べてみました。 ボシュロム社に生レンズはある?ない? ボシュロム社では「生レンズ」と呼称されるコンタクトレンズは販売されていません。  もっとよむ

生レンズにデメリットはあるの?


  着け心地の良さから大好評の生レンズ。酸素透過性能も高く、「生」の愛称にふさわしい実力を持っています。しかし、何事もメリットとデメリットがあるもの。そこで今回は、あえて、生レンズのデメリットをご紹介します。  生レンズのデメリットは2つ! 高価 独自技術・素材が用いられたハイエンドなレンズのため、ある程度は仕方ないとは思いますが、それでも多くのユーザーが挙げるデメリットは「値段の高…  もっとよむ

生レンズに遠視用タイプはあるの?


  日本人を含むアジア人は、欧米人と比較すると近視人口が多い傾向にあります。そのため、ソフトコンタクトレンズの多くは近視用で、近年は遠近両用タイプもバリエーションが増えてきました。生レンズも遠近両用タイプがありますね。 そこで気になるのは、生レンズに遠視用タイプがあるのか、という点です。「遠近両用があるなら遠視用も…」と思いますよね。 気になる遠視用タイプは…? 遠視用の生レンズは2019年12月現在発…  もっとよむ

生レンズはどんな人におすすめ?


  コンタクトレンズの装用者は日本全国で2,000万人いると言われています。視力矯正用レンズに関して言えば、装用者は子どもよりも高校生以上の大人が多く、社会人も多く利用していると考えられます。 仕事をしている社会人にとって重要なことは、日々の仕事のパフォーマンスを向上させることです。どのような職業についている人でも、目の乾燥は集中力を乱すため大敵です。コンタクトレンズを装用していると裸眼の状態よりも目が乾燥しやすくなります。目が乾燥した、と感じた時に目薬を差す人もいますが、1回1回の時間は短くとも、何度も点眼することで少…  もっとよむ

【レビュー】生レンズを実際に使ってみました!


  生レンズをレンズモードで購入! 価格比較サイトで最安値だったレンズモードで生レンズを左右1箱ずつ購入しました。海外発送のサイトであるため、到着までは7~10日程度かかるかなと思いきや、注文してから4日程度で届きました。注文数が少なかったためかもしれません。 外箱はこのような見た目です。  もっとよむ

生レンズの直径はどのくらい?


  日本人の黒目の大きさは、性別や年齢に関係なく11.0mm~12.0mmであると言われています。ハードコンタクトレンズであれば、レンズの大きさは黒目よりやや小さい9.0mmがほとんどです。ソフトコンタクトレンズであれば、黒目より大きい、13.0mm~15.0mmで製造されることがほとんどです。また、ソフトコンタクトレンズであれば、ひとつの製品で複数の直径サイズを持つことは非常に稀で、多くの場合はひとつの製品につき1つの直径で作られています。 生レンズの直径は14.1mmであるため、平均的な大きさのレンズです。参考ま…  もっとよむ