初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

初めてコンタクトレンズを使用する場合、「装用時間」はどれくらい?

時計の画像

「装用時間」については、コンタクトレンズを使用する上で知っておかなければならないことの1つ。安全にコンタクトレンズを使用するために、きちんと理解しておきましょう。

「装用時間」ってなに?

考えている女性の画像

装用時間とは、コンタクトレンズを目に入れてから外すまでの時間のことです。コンタクトレンズをどれくらいの時間目に入れて使用していいかを指す場合もあります。

コンタクトレンズは、目の状態やレンズの種類によって、1日に使用していい時間が決まっています。装用時間を超えて使用してしまうと、目に負担がかかり、様々なトラブルの原因に。コンタクトレンズを使用する上で、装用時間は必ず守らなければならないものです。

装用時間を守らなかった場合に起こりうるトラブル

困っている女性の画像

目は肌と同様、呼吸を必要としています。しかしコンタクトレンズの構造上、レンズ装用中はどうしても「目の呼吸」が十分に行われません。そのため長時間コンタクトレンズをつけたままにしていると、目は酸欠状態となってしまうのです。

目が酸欠状態となると、抵抗力が落ち感染症にかかりやすくなります。また、長時間酸欠状態が続くと、角膜内の細胞数が減少してしまうこともあります。目が深刻なダメージを受ける場合もあるので、装用時間を守ることは重要なのです。

初めてコンタクトレンズを使う時の装用時間はどれくらい?

コンタクトレンズの画像

初めてコンタクトレンズを使用する場合、いきなり長時間レンズを装用することはできません。コンタクトレンズの使用初日なら、最長でも6時間ほどが一般的な装用時間の目安です。コンタクトレンズの使用に慣れてきたら、徐々に装用時間を長くしていきます。

どのようなスケジュールで装用時間を伸ばしていったら良いのかは、人によって異なりますので、眼科医と相談の上で決めましょう。特にドライアイの症状のある方は、長時間のレンズ装用が目の負担となりやすいです。「指示された装用時間内だから大丈夫」と考えるのではなく、目の調子を見ながら装用時間を調整しましょう。

装用時間を守っていても目がゴロゴロする時は・・・

目をこする女性の画像

装用時間に注意し、レンズの使用は短時間に抑えているのに、目がゴロゴロしたり目の疲れを感じたりする・・・このような症状でお悩みの方は、酸素を通しにくいコンタクトレンズを使用している可能性があります

コンタクトレンズに使われている素材にはいくつかの種類があります。中には酸素を通しにくく、目が酸欠状態になりやすい素材のものも。目の負担が気になる場合、酸素を通しやすい素材の製品を選ぶのがおすすめです。

最近よく目にするようになった「シリコーンハイドロゲル」は、酸素を通しやすい素材の1つ。こちらの素材は、乾燥に強いという特長もあります。このような素材のレンズを使用することにより、目の負担が軽減することもあります。

おすすめの「シリコーンハイドロゲル」素材のコンタクトレンズ

ワンデー アキュビュー オアシス



涙に近い保湿成分を閉じ込めた、1日使い捨てタイプのレンズ。目の表面をたっぷりのうるおいで包み込んでくれるので、乾燥しにくいのが特徴です。紫外線から目を守ってくれる「UVカット機能」が備わっているのも嬉しいポイントですね。

ワンデーアキュビューオアシスの購入はこちら

バイオフィニティ




従来シリコーンハイドロゲルは、汚れに弱いという欠点がありました。バイオフィニティは、そのような欠点を克服した2週間使い捨てタイプのレンズ。汚れがつきにくいだけでなく、しなやかでつけ心地が良いのも魅力です。

バイオフィニティの購入はこちら

目の健康のために、装用時間は守りましょう

装用時間は、目の健康を保つために設定されています。コンタクトレンズを使用する際は、眼科医に相談の上、決められた装用時間を守りましょう。