初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

ベースカーブ(BC)ってなに?どうやって測るの?

「このコンタクト、使ってみたいなぁ…」と思ったら、その製品について検索をしてみて、どんなコンタクトであるか情報を集めるでしょう。

すると、製品スペックを表す部分には製品名や度数の範囲をはじめ、「BC」や「ベースカーブ」という聞きなじみのない言葉が現れます。さらには含水率や素材名など、情報量が多すぎて「一体、これはなにを示しているの?」と混乱してしまうのではありませんか?

「ベースカーブ」は、使い心地のよいコンタクトレンズを見つけるために重要なデータです。この数値が間違っていると、瞳が締めつけられるような感覚を覚えたり、反対に目の上でずれやすくなったりします。

ベースカーブは何を表すの?

ベースカーブは英語では「Base Curve」と表記します。頭文字をとって「BC」と記されることもあります。単位はmm(ミリメートル)です。

これはコンタクトが触れる角膜がどれほど曲がっているかを示す数値で、数値が大きいほどゆるやかに曲がっています。たいていの製品でベースカーブは1種類のみの展開です。多くとも2種類です。

ベースカーブの数値が大きいほどカーブがゆるく、小さいほどカーブがきついということになります。

日本人の平均は8.6~8.7mmと言われており、欧米人と比較すると眼球が大きいことから、ベースカーブの数値も大きくなると考えられています。

しかしこの数値は個人差が大きく、日本人であっても9.0mmの製品を使う人もいれば、8.4mmの製品を使う人もいます。特にはじめてのコンタクトを使うときは、家族や友人が勧めてくれたものを使いたくなりますが、ベースカーブのことを考えるとあまりおすすめできません。

日本人のベースカーブは平均8.6~8.7mmといわれています

ベースカーブが合わないとどうなる?

ベースカーブが合っていないと目の中に違和感が残ります。

ベースカーブが小さすぎると、目を締めつけられるような感覚を覚えたり、目が疲れやすくなったりします。角膜を傷つけるリスクもあります。

反対に大きすぎると、まばたきの度にレンズがずれ、見え方に大きな影響を及ぼします。

ベースカーブを測るには?

では、そんな個人差が大きいベースカーブはどうやって測るのでしょうか?実は自分では測ることができないため、眼科で計測してもらう必要があります。

ベースカーブの計測にはレフケラトメーターという機械を使います。眼科で使ったことがある人もいるでしょう。こちらは顎をのせ、覗き込んで使うものです。気球や家の絵が表示されます。

ベースカーブが計測できる「 レフケラトメーター 」

計測中は特別なことをする必要はなく、自動的にぼやけたり、はっきりと見えるようになったりする気球ないし家を眺めているだけで終わります。検査の所要時間は数秒~数十秒で、すぐに終わります。

ベースカーブの計測検査は、瞳に風を当てられることや、何か痛みを感じるようなことはされません。リラックスした気持ちで受けましょう。

コンタクトを作りたいです」と受付で言えば、ベースカーブの計測を含め、必要な検査を行ってもらえます。痛みなどはなく、検査そのものはすぐに終わるため、身構える必要はありません。

しかしながら眼科によってはコンタクトに関する検査や、処方せん発行のみの利用を断っている場合もあります。事前にコンタクトの検査や処方せんの発行のみの利用でも問題ないかなどを確認するか、コンタクトレンズ専門店に併設・提携している眼科を利用しましょう。

数値が変わることはあるの?

まれにではありますが、定期検診を行った結果ベースカーブの数値が変わることがあります。多くの場合、数値がより小さく、つまり目のカーブがきつくなります。

こうなる原因のひとつに、近視の進行が挙げられます。

近視が進行すると眼球が突き出てしまいます。そのため、ベースカーブの数値が小さくなることがあります。近視が進行しすぎるとコンタクトを使えなくなることもあるため、どんなに期間をあけても半年に1回は定期検診へ行くようにしましょう。

カラコンを買う時もベースカーブの確認を

カラコンやサークルレンズは装用時にどういう印象になるかが大事です。実際につけたとき、カラーや着色直径によって印象が大きくかわります。

ベースカーブは直接印象を左右するわけではありませんが、しっかり目にフィットし、適切な位置がカラーリングされるためにも適切なベースカーブのカラコンを使いましょう。

たいてい、カラコンのベースカーブは1種類しかありません。カラーと着色直径だけで選んだら、ベースカーブが全然合わなかった、ということもあります。

カラコンの素材は柔らかいため、プラスマイナス0.2mm程度であれば使用できるといわれています。とはいえ、目の健康を考えるとベースカーブは自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

特に注意が必要なのはベースカーブが大きすぎるカラコンをつけた場合です。まばたきによってレンズがずれ、色素が視界にかぶる可能性があります。歩いたり、スポーツをしていたりするときは大きな問題にならないかもしれませんが、自転車や自動車などを運転している場合には大事故につながる可能性があります。ご注意ください。