カラコンを使う際の注意点

カラコンを使う際の注意点

最近は小学生でも使っているほど身近になったカラコンですが、使用には注意が必要です。使用方法を守って安全に取り扱いましょう。

異常を感じたら使用をやめる

痛みがある場合はもちろんですが、目がゴロゴロする、視界に違和感がある、視力が合っていない等、カラコンの使用時に異常を感じたら、すぐに使用をやめて、眼科医の診察を受けてください。

定期的に眼科で検査を受ける

コンタクトは高度管理医療機器です。特に異常がない場合も、定期的に眼科で検査をしましょう。視力検査や眼底、眼圧などを調べ、異常が起きていないか確認します。

緑内障など、発見が遅れると手遅れになる眼病もあるので、やはり定期検査は欠かせません。

人と貸し借りをしない

人のレンズを借りたり、自分のレンズを人に貸したり、あげるのはやめましょう。眼科医の適切な指導のもと、使用してください。

使用期間を守る

 1Dayタイプ・・・終日装用できますが、このタイプはいちど度外れたら処分する必要があります。1日であれば何度でも使えるわけではありませんので間違えないようにしましょう。

 2Weekタイプ・・・開封後、2週間使用できるコンタクトレンズです。使用後は専用の洗浄液でこすり洗いをし、適切に保管する必要があります。2週間分使えるわけではなく、開封後2週間後が使用期限なので、2週間たったら処分しましょう。

 1Monthタイプ・・・2Weekタイプ同様、開封後、1ヶ月間使用できるコンタクトレンズです。こちらも適切なケアが必要で、開封後1ヶ月が使用期限なので、1ヶ月たったら処分しましょう。

夜間の使用について

眠るときは必ずレンズを外すこと。また、夜間は瞳孔が大きくなるので、カラコンの色素が視界を邪魔することがあります。このような状況が続くことで視力低下にもつながりかねません。視界に異常を感じたら、すぐに装用を中止しましょう。