はじめてコンタクトレンズをつくるときにかかる費用について

はじめてコンタクトレンズを作るときにかかる費用はいくら?

コンタクトレンズは、メガネのように見た目の変化を気にする必要がなく、スポーツなど激しい運動をする際にも用いられることが多い便利なものです。

視力が落ちてきて、これからコンタクトレンズの使用を検討する人にとって、気になってくるのがお金の面です。コンタクトレンズは消耗品なので、毎日使う人にとってはどのくらいお金がかかるのかを把握しておく必要があります。

視力が落ちてきて、これからコンタクトレンズの使用を検討する人にとって、気になってくるのがお金の面です。コンタクトレンズは消耗品なので、毎日使う人にとってはどのくらいお金がかかるのかを把握しておく必要があります。

購入前にはまず眼科で診察を受けましょう

コンタクトレンズの購入は、大きく「店舗での購入」と「通販サイトでの購入」に分けられます。店舗での購入を検討している場合、近所や併設された眼科で自分の目の健康状態をチェックしましょう。そこで処方箋を発行してもらい、店舗に持ち込むことで、初めてコンタクトレンズの購入が可能となります。

眼科へかかる際、初診だと大体1000~3000円がかかると思っておきましょう。再診は大体1000円以内と考えておくとよいでしょう。(※医療保健の適用の有無や、眼科の検査内容等によって、値段は変わります)

一方、通販サイトで購入する場合は、処方箋の提出が不要な場合が多いため、コンタクトレンズの商品代金のみで済む場合が多いです。しかし、直接目に入れるものですし、自分の目に合うコンタクトレンズを把握するためにも、念のため受診するのが良いでしょう。どんな種類のコンタクトレンズがあるか知りたい方は、はじめてのコンタクトレンズ.com トップページから探してみてください。

長期用が高くつくことも?コスパをよく考えて選びましょう

今主流となっているの使い捨てタイプのコンタクトレンズで説明しますが、使い捨てタイプのコンタクトレンズの使用期間は、1日、2週間、1ヵ月タイプがあります。

1日(ワンデー)タイプは、その日のうちに使い捨てることができるため、とても衛生的ですが、一番費用がかさむタイプです。メーカーにより値段も異なってくるので、1箱30枚入りのもので1500~2500円くらいが相場です。両目の分で2箱必要です。

次に、2週間(ツーウィーク)タイプは継続的にレンズの表面をケアしなければならないため、コンタクトレンズ代に加え、洗浄液代もプラスされます。

ひと月あたりにかかる必要は1日タイプよりも安いのですが、洗浄液代が1~2か月に1000円程度かかります。コストパフォーマンスで言えば2週間タイプの方が上です。1ヵ月タイプのものなら、1週間タイプの物よりさらにコスパが良いといえるでしょう。

ただし2週間タイプや1ヶ月タイプのもので注意していただきたいのは、装用時の不具合などによる「ロス」です。1日タイプであれば、1枚当たりのコストは安いので、新しいものにかえればよいのですが、2週間、1ヶ月タイプの場合は洗浄するなどして付け直すことになります。洗浄のみで解決すればよいですが、レンズを落としてしまったり、損傷してしまってつけかえるとなると、損失が大きくなります。そういったロスが心配な方は多少コストがかかってもワンデータイプが良いでしょう。