初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

3.強度の近視や左右差のある視力の矯正が可能

強度の近視の方がメガネで強制しようとすると、どうしてもメガネのレンズが分厚くなってしまいます。角膜とレンズの間に距離が出来るため、必然的に歪みが生じやすくなりますよね。そうなると、像が小さくなって目に負担がかかってしまうんです。
しかし、コンタクトレンズであれば、角膜とレンズの間にはほとんど距離がありません。裸眼と同じように、ほとんど原寸大で像が見られるんです。そうすると目への負担も軽減されて、度の進行を遅らせる事が出来ます。

更に、角膜とレンズの距離がほとんど無いので、左右で見たものの大きさが異なる状態が発生しにくくなります。そうすると、左右で大きく視力差があったとしても、違和感が抑えられるんです。あまりにも視力に差があるとどう矯正して良いか分からない、という方でもコンタクトレンズでなら矯正しやすくなりますね。