3.その他

3.その他

毎日のレンズケアでは落としきれないタンパク質の汚れは、落とさないままだと目のトラブルを引き起こす可能性があります。汚れを溜め込まないためにも、週に1回や月に1回など定期的にスペシャルケアをしましょう。タンパク除去のためには、酵素除去剤と塩素系除去剤のどちらかが有効ですよ。

酵素除去剤は、保存液やMPSを入れたレンズケースに洗浄、すすぎの済んだレンズと共にタンパク分解酵素を主成分とした顆粒や錠剤を入れてつけおきする事で、レンズの汚れを除去します。

塩素系除去剤は次亜塩素酸ナトリウム溶液を入れてつけおきする事で汚れを除去してくれます。汚れを強力に落としますが、頻繁に行うとレンズの劣化を早めてしまうので月1回程度にしましょう。

2つとも、タンパク除去が終わった後そのままレンズをつける事が出来ません。必ず専用液でしっかりとすすいでくださいね。

この記事を書いた人
minami
著者名:minami
年齢:25歳
コンタクト歴:11年
コンタクトデビューした年齢:14歳
視力:近視
プロフィール
中学の部活をきっかけにコンタクトデビュー。メガネが似合わないと思い続けて数年になるが、左右の視力が違うためコンタクトの購入が億劫になりがち。現在は2ウィークを愛用しているが、目のことを考えてワンデーに切り替えるか迷っている。ワンデーは金額がネック…。