通販利用のデメリット2点

通販利用のデメリット

1.届くまでにトラブルが起きる可能性がある
通販は、面と向かって直接商品を購入する事が出来ないため、信頼のおけるショップでの注文が重要になります。もし配送の途中に何かトラブルがあったり、届いたものが自分の注文したものと違った場合には、正しいものが届くまで時間がかかりますよね。そうすると、コンタクトレンズを切らしたまま何日か生活しなければいけなくなります。更に、お金を払ったのに品物が届かないといったトラブルが無いとも言い切れません。

このようなトラブルに巻き込まれないためにも、ショップを見極める必要がありますね。万が一の際に用意されている保障内容を確認したり、実際に購入した方の口コミや体験談があればそれを見てみるのも効果的ですよ。
2.自己管理をする必要性
もし処方箋が不必要なショップであれば、ずっと検査をせずにコンタクトレンズを購入し続けられます。そうすると、気が付かない間に目に異常が起きていてもそれを見過ごしてしまいかねません。

そうならないためにも、自分で定期的に眼科での検査や診察を受けに行く必要があります。自主的に動かなければいけませんし、眼科やコンタクトショップでの購入以上に神経を使って目の様子と向き合わなければいけません。何でも自己責任で片づけられてしまうので、そういった自己管理をするのが苦手だという方、面倒臭がってしまう方には不向きかもしれませんね。