装用時間を意識しよう

装用時間を意識しよう


公開日:2015/12/29
最終更新日:2016/01/28

tokei装用時間とは、コンタクトレンズをつけてから外すまでの時間です。これがあまりにも長いと目に負担がかかってしまうので、なるべく意識しましょう。

一般的に装用時間の限度は、ソフトレンズだと12時間、ハードレンズだと14時間だと言われています。これはあくまでも限度なので、毎日これだけつけていて良いという訳ではありません。出来るだけ短いに越した事はありませんね。

しかし、仕事や学校の後にアルバイト、と長時間外出する用事のある方にとっては、この時間って短く感じられませんか。12時間や14時間を超えてしまうのも仕方ないと考える方もいるかもしれません。

もし装用時間を減らせないのであれば、性能の高いレンズを使用してみたり、帰宅後にはすぐレンズを外す習慣をつけたりと出来る事から始めてみるのが良いでしょう。
また、毎日レンズをつけていると、自分自身も目も疲れを感じてしまうので、週に何回かはレンズをつけずに目を休める日を作るのもオススメですよ。

この記事を書いた人
minami
著者名:minami
年齢:25歳
コンタクト歴:11年
コンタクトデビューした年齢:14歳
視力:近視
プロフィール
中学の部活をきっかけにコンタクトデビュー。メガネが似合わないと思い続けて数年になるが、左右の視力が違うためコンタクトの購入が億劫になりがち。現在は2ウィークを愛用しているが、目のことを考えてワンデーに切り替えるか迷っている。ワンデーは金額がネック…。