初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

考えられる病気例

角膜上皮びらん

角膜の上皮がはがれた状態を指します。原因はコンタクトレンズの機械的な障害などであり、軽症であれば異物感や目がしみるといった症状、重症になると激しい目の痛みや充血、まぶたが腫れるといったものが発生します。
そのまま放っておくと、角膜浸潤や角膜潰瘍へと進行してしまう危険性があるので、気が付いたら早めに対策しましょう。

角膜湿潤

角膜に傷が出来て、上皮と実質が炎症を起こした状態を指します。激しい痛みや充血が発生しますが、ソフトレンズだと自覚症状の無い場合もあります。ソフトレンズだと角膜の上皮が傷ついていても、あまり痛みを感じない事もあるので、定期検診などは大切にしましょう。
そのままだと、角膜の上皮が一部無くなってしまい、より深い層までダメージが進んで角膜潰瘍になってしまいます。

角膜潰瘍

深い傷が角膜の上皮から実質にまで進行し、実質の一部が欠損した状態を指し、激しい痛みや充血が発生します。こうなってしまうと、目のバリア機能が低下し、細菌などの感染リスクが高まります。感染症が起きると潰瘍が更に悪化し、失明してしまう可能性もあるので、注意しなければいけませんね。
感染を伴った角膜潰瘍は、ソフトレンズのケアで重要な消毒の過程を怠る事で、より悪化してしまいます。十分な消毒を行いましょう。

角膜浮腫

角膜の水分量が増えて、浮腫んだ状態を指します。原因はコンタクトレンズによる角膜への酸素の供給不足です。かすみや視力低下、光を眩しいと感じる事もあるので、角膜に酸素がきちんと行き渡るようなケアをしましょう。