病気になる原因は?

病気になる原因


公開日:2015/12/29
最終更新日:2021/07/20

原因は、つける側である私たちと処方する医師、そして販売者とそれぞれにあります。
装用者の中には、コンタクトレンズが高度管理医療機器であるという事をあまり意識せずに使っている人がいます。その意識が薄いため、正しい使用法やレンズケア、定期検診の大切さを考えずに使っていると、病気のリスクが高まっていきます。

そして、ソフトレンズだと装用感が良いため、トラブルに気が付きにくく、分かった頃には症状が悪化…という事が多いようです。
中でも1週間連続装用タイプやツーウィークタイプなど、ケアが必要なものを装用していると発症率が高いので、装用者はきちんと意識して予防していく必要がありますね。
 
また、処方する医師や販売者が正しい取扱い方を教えていないケースもあります。
処方する医師は専門知識を持った眼科医による処方、販売者はコンタクトレンズ販売営業管理者による適切な販売と、コンタクトを提供する側も気をつけなければいけません。

この記事を書いた人
minami
著者名:minami
年齢:25歳
コンタクト歴:11年
コンタクトデビューした年齢:14歳
視力:近視
プロフィール
中学の部活をきっかけにコンタクトデビュー。メガネが似合わないと思い続けて数年になるが、左右の視力が違うためコンタクトの購入が億劫になりがち。現在は2ウィークを愛用しているが、目のことを考えてワンデーに切り替えるか迷っている。ワンデーは金額がネック…。