初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

気をつけたいドライアイ

涙の役割や必要性は分かって頂けたと思いますが、そんな大切な涙の量が減ってしまったらどうなってしまうんでしょうか。
ドライアイという言葉を耳にした事はありませんか。実はこのドライアイ、涙が大きく関わっているんです。

ドライアイは涙の量の不足や、涙の質のバランスが崩れる事で、涙の膜が均等に張れなくなり、目の表面が傷ついてしまう病気です。涙の病気であるとも言えますね。
原因は様々ありますが、主に挙げられるのは、高齢化、エアコンやパソコン、スマートフォンの使用による乾燥、更にはコンタクトの装用です。
現在の患者数は800万~2200万人、オフィスワーカーの3人に1人がドライアイとも言われており、これからコンタクトを使用する人は必ず気をつけなければいけない病気でもありますね。

主な症状としては、目の乾き、疲れやすさ、充血、かすみ、物のボヤケなどがあります。このような症状が感じられる方はドライアイの可能性がありますし、そのまま放っておくと新たなトラブルの原因となってしまうので早めに眼科の診察を受けた方が良いかもしれません。

コンタクトをしていると、していない人よりも涙が蒸発しやすく、量が減りやすくなっています。そのため、目の乾きを感じたら早めに目薬をさしたり、加湿器や保湿用のメガネをしてみてください。ドライアイにならないような対策をするのが大切ですよ。