初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

小学生、中学生ではじめてコンタクトレンズを作るときの注意点

小学生と親

親御さんにとって、自分の子供の視力が落ちた場合は、メガネやコンタクトレンズなどの矯正器具を用いることとなります。メガネの場合は、目に直接入れずに使うことができるので、コストもかからず衛生的ですが、部活動などでスポーツをするときなど、一定のシーンではコンタクトレンズの方が安全に使用できます。事実、若年層のコンタクトレンズの使用者は、年々増加傾向にあります。

しかし、子供にコンタクトレンズを使用させるなら、何歳からが良いのか悩みどころです。明確にはコンタクトレンズの使用に年齢制限はないため、何歳からでもコンタクトレンズの使用は可能です。ただし、目に固形物を入れることの危険性や、継続的なケアのことなども考えると、まだ清潔かつ安全に行うことが難しい小学生頃は、あまりおすすめはできません。そのため、装用方法やレンズの管理が自分でできるようになる、中学生頃が適齢期なので、その頃にコンタクトを使い始めるのがおすすめです。 コンタクトレンズの使い方や気になる疑問は、はじめてのコンタクトレンズ.comで詳しく解説していますので、使い始める前に読んでみてください。

お子さんがコンタクトレンズを着ける場合は、長時間のコンタクトレンズの装用は目に傷を付けたり、視力をさらに悪化させる恐れがあります。特にこの時期は、成長期ということもあり、度数の変化は大きいです。そのため、メガネも合わせて持つようにすることがおすすめです。

また、保護者の方はコンタクトレンズの使用をよく理解し、日頃からお子さんが正しくコンタクトレンズを使っているかどうかを、チェックしておく必要があります。例えば、目のゴロゴロ感や痒み、痛みなどを感じた場合は、保護者付き添いで早めに眼科へ通院しましょう。目の異常を感じていなくても、3ヵ月毎に眼科に通院して定期検査を受けて、目の状態をしっかりと把握しておきましょう。

万が一、目に異常が見られた場合、「コンタクトレンズが使えない」と診断を下される状況も考えられます。そんなときは、かかりつけの眼科医とよく相談しましょう。おすすめは、普段はメガネをかけ、スポーツをするときだけ清潔なワンデータイプのコンタクトレンズを使うことです。