子供の目の健康を守るためには

子供の目の健康を守るためには

先程は小学生でも使用が出来ると書きましたが、コンタクトレンズをつけていると確実に目への負担がかかります。かなり長期間コンタクトと付き合っていかなければいけないので、目の健康を守るためにも、色んな点に注意しましょう。

まずは、コンタクトの着脱や取扱いに関してです。
上手くコンタクトをつけられても外す事が出来なくなってしまったり、ケアの仕方が曖昧だったりと、慣れていないので、ゆっくりと1つずつ練習して慣れてもらう事が大切です。

そして、出来ればメガネを併用するようにしましょう。動くときにメガネが邪魔になってしまう時だけコンタクトをつけて、普段の授業などの日常生活ではメガネ、という風に分けて使えば、目への負担が軽減されます。

併用は大人にとっても子供にとっても効果的なので、もしこれから視力矯正を行う場合はコンタクトとメガネを両方購入しておきましょう。

この記事を書いた人
minami
著者名:minami
年齢:25歳
コンタクト歴:11年
コンタクトデビューした年齢:14歳
視力:近視
プロフィール
中学の部活をきっかけにコンタクトデビュー。メガネが似合わないと思い続けて数年になるが、左右の視力が違うためコンタクトの購入が億劫になりがち。現在は2ウィークを愛用しているが、目のことを考えてワンデーに切り替えるか迷っている。ワンデーは金額がネック…。