初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

保護者がするべき事

子供にコンタクトレンズをつけたい、と言われたらまずは眼科に行く事をオススメします。

子供の近視には2種類あるのをご存知ですか。
1つ目は仮性近視と呼ばれるものです。これであれば、点眼薬などを使用するだけで近視状態を治す事が出来るんです。そしてもう1つが、軸性近視と呼ばれるものです。これは本当の近視であり、大人と同じく治しづらいものになります。

もし仮性近視であればコンタクトを装用する必要はありませんが、それらの近視の状態はなかなか自分で判断出来ないんです。だからこそ、眼科で医師と話し合い、適切な処方を受ける事が大切です。

また、保護者がきちんとコンタクトのメリットとデメリットを知っておく必要があります。つけている方はもちろん分かっていると思いますが、つけた事の無い方にとっては子供の目に異物を入れる事に抵抗があるかもしれません。
その辺りの情報をしっかりと収集していれば、安心してつけさせる事が出来ますよね。

情報という点では、保護者が常に眼科や装用時についていき、着脱やケアの方法、トラブルの対処法を知っておく必要もあります。
もし何かがあった時、冷静に対応出来るのはやっぱり保護者ですからね。いつでもコンタクトのスペアやメガネ、ケア用品などを持ち歩く事をオススメします。