初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

並行輸入品のデメリット

サポート体制が弱い

もし不良品が届いて、返品や交換などの対応をしてもらおうと思っても、並行輸入品の場合だと海外のメーカーに問い合わせをしなければいけません。皆さんが直接問い合わせをする訳ではなく、並行輸入しているショップが仲介をしてくれる事がほとんどですが、海外とのやりとりのため、どうしても時間がかかってしまいます。

また、製品を海外から取り寄せる期間を見ておかなければいけません。何かトラブルが起きた時には、国内正規品と比べると、正しいレンズが届くまである程度の時間がかかると考えておいた方が良いかもしれませんね。

送料が高くつく可能性

海外から輸入している分、値段が安く購入出来るとメリットで挙げましたが、注意しなければいけない部分もあるんです。それが送料です。
とても安い製品であっても、送料が国内正規品を取り扱っているショップに比べて高いと結局トータルの値段が高くついてしまう可能性があります。それだともったいないですよね。良い買い物をしたと思っても後悔してしまいそうです。

そうならないために、並行輸入品を取り扱っているショップでは特に気をつけて送料などのページを見るようにしましょう。意外なカラクリが潜んでいるかもしれません。

発送までの時間

サポート体制の部分でも少し触れましたが、海外から輸入される製品なので、注文してから手元に届くまでの時間が国内正規品に比べると長めにかかってしまいます。すぐに手元に欲しい、という方は避けた方が良さそうですね。