初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

レーシックのデメリット

角膜の変形や混濁の可能性がある

レーザーで削った角膜は、元には戻せません。近視の度合いが強く、角膜を大幅に切除した場合などは、稀に術後で薄くなった角膜が前方に突出し、変形して視力が低下してしまう事があります。そうなると、ハードレンズでしか視力矯正が出来なくなってしまいます。
また、角膜が混濁してしまう可能性もあります。術後に感染症を発症してしまうと、角膜の移植をする必要が出て来たリ、最悪の場合は失明してしまう事もあります。

保険がきかない

レーシックは保険適用外なので、前後に行う検査や手術など全ての診療費が自費となります。術後の検査であっても自費診療をしてもらう必要があるので、手術費用だけではなくそういった診察費用も別にかかると考えておいた方が良いでしょう。
また、手術をしてもらう際、クリニックの手術費用として、どれだけ検査や薬剤の費用が含まれているのか、診察期間を保証してもらえるのかなども確認しておく事が大切ですね。トータルでお金がかかったとしても、しっかりとアフターフォローまでしてくれるクリニックが1番良いです。

白内障の手術がきちんと出来なくなる

将来、白内障にかかり手術を行うとなった時には、濁った水晶体の代わりに眼内レンズというものを入れる事になります。この眼内レンズには度数の計算式があるのですが、レーシック手術を行っているとこの度数の計算が上手く出来なくなってしまうんです。
そのため、手術をしても度数が合わず、水晶体の度数を変更した再手術が必要になる場合があります。何度も手術を行うのはもちろん目に良くありませんよね。レーシック手術前の自分の目のデータと手術の記録は手元に保管しておきましょう。

コンタクトレンズのような異物感は無くなるものの、視力が維持出来ないと結果としてまたコンタクトをつけなければいけない可能性のあるレーシック。
もし手術を受ける時には、良く考えてからにしましょう。角膜は1度削ってしまうと戻って来ませんので、大切にしましょうね。