初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

レーシックとは

レーシックとは、眼の表面にある角膜をエキシマレーザーと呼ばれるレーザーで削り、角膜のカーブを変える事で近視・遠視・乱視といった屈折異常を矯正する手術です。

レーザーで角膜を削る前に、あらかじめ角膜の表面にフラップと呼ばれる蓋を作り、フラップをめくった部分の角膜にレーザーを照射します。フラップを戻して自然になじむまであまり時間がかからず、傷の回復も早いと言われているんですよ。

フラップの作り方によってはラセック、エピレーシックと呼ばれるものもあります。今では患者の目の状態を分析してからフラップを作るオーダーメイドのようなレーシックもあり、その手術方法は進化しています。