初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

メイクをする時には気をつけよう

成人女性の半数がメイクの中で1番力を入れているアイメイク。目元を強調するだけで、顔の印象が変わるため、色んな化粧品を使っている方も多いんじゃないでしょうか。

コンタクトレンズをするようになると、メイクの工程のどこでレンズをつければ良いのか悩むかもしれませんが、必ずメイクを始める前にしましょう。

何故ならメイクをしてからレンズをしようとすると、綺麗に塗ったマスカラやアイシャドウがレンズに付いてしまう可能性があるからです。目のまわりを触る事になるので、メイクが崩れてしまう原因にもなります。綺麗な姿で外出したいなら、メイクの前に、と覚えておいて下さいね。

反対にメイクを落とす時には、最初にレンズを外しましょう。レンズをつけたままでメイクを落とすと、角膜を傷つけてしまいかねません。また、メイクをちゃんと落とし切れていないと、その汚れで目を傷めてしまうので、レンズを外すと共にメイク落としも毎日欠かさず行うようにしましょうね。

レンズをしている時には、まぶたの内側へのメイクは控えましょう。目元の乾燥にも繋がりますし、レンズに汚れがついてしまうかもしれません。

アイシャドウなどのパウダーは、余分な粉を落としてから塗ると無駄な汚れがつきづらくなります。もし粉っぽさが嫌だという場合は、クリームタイプを使うとまぶたに密着しやすくて良いかもしれませんね。

そしてマスカラは、ビューラーできちんとまつ毛を上げてからつけましょう。レンズをつけた状態でビューラーを使うのは怖いかもしれませんが、力を入れ過ぎなければ問題はありませんよ。むしろ、まつ毛が下がったままマスカラを塗るとレンズに汚れがつきやすくなるのでオススメ出来ません。