初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

ハードレンズのメリット

目に酸素を通しやすい

先程も書いた通り、ハードレンズは黒目に乗せるくらいのサイズです。白目を覆う事が無く、角膜が必要としている酸素を多く通せるため、角膜やその他の細胞に余計な負担をかける事がありません。コンタクトレンズをしていると気になりがちな充血などもあまり心配しなくて良いんですよ。

取扱いが簡単

ハードレンズは水を含んでいない分、ケアの際に水道水を使っても変形する心配がありません。そのため、そのまま水道水ですすぎ洗いをする事も可能です。もし外出先で急に目が痛くなってしまったとしても、レンズを外して簡単に応急処置が行なえます。あくまでも応急処置なので、家ではちゃんとケア用品を使って下さいね。

コストが抑えられる

ハードレンズの寿命は一般的に2~3年と言われています。初期費用はソフトレンズに比べたら高くなってしまいますが、使用する期間で割れば1日あたりの値段はソフトレンズのワンデータイプに比べて4分の1まで下げる事が出来ますよ。

目の異常に気が付きやすい

レンズが目に触れる範囲が狭い分、ゴミが入った場合すぐに痛みを感じます。それだけ異変に気付きやすいので、角膜障害や眼病などの予防にはかなり役に立ちますね。何も気が付かないまま疾病が進行し、コンタクトをつけられない目になってしまう…なんて事も未然に食い止められます。