初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

ソフトレンズの種類 <素材>

ソフトレンズの素材は水分を含んで柔らかくなる特性を持ったプラスチックです。主にヒドロキシエチルメタクリレートという素材が使われています。この素材には素材自体の柔らかさとつけ心地の良さというメリットがあったんですが、血管の無い角膜への酸素供給はレンズに含まれる水分から得ているという事実がありました。

以前は水分を多く含むレンズが酸素を通しやすいと言われていましたが、ハードレンズと比べるとやっぱり酸素の透過性は低く、水分を含んでいる分だけ乾燥しやすくなりがちだったんです。ソフトレンズで酸素を多く通し、乾きにくいという2点を両立させる事は、このヒドロキシエチルメタクリレートなどの素材では難しいとされてきました。含水率でも書いた通り、折り合いをつけるのがかなり難しいんですよね。

しかし、そこに救世主となる素材が現れたんです。今までは水分を通して酸素を送っていたため、酸素透過率には限界がありました。その課題を解決するため、近年水よりも高い酸素透過性を誇るシリコーンとハイドロゲルを組み合わせる技術が開発されました。その結果完成したのが、シリコーンハイドロゲルです。

大きなメリットは、何といっても酸素透過性の向上です。水分を通さず、素材からそのまま酸素を通す事が出来るので、ソフトレンズの弱点であった酸素不足を改善し、それに伴う合併症のリスクも減らせる事が実証されました。更に、低含水性でありながら高い酸素透過性を誇るため、乾燥感も軽減されますよ。

シリコーンハイドロゲルは、高含水率レンズと低含水率レンズのそれぞれの良さを掛け合わせた次世代の素材です。これからは主流となってくる事が予想されるので、コンタクトを検討する際には是非候補に入れてみてくださいね。