ソフトレンズのデメリット

ソフトレンズのデメリット


公開日:2015/12/29
最終更新日:2016/01/28
安全性に欠ける

水分を多く含んでいるので、それだけ雑菌が繁殖しやすいというリスクもあります。更に、もし目に異常が起きていたとしても、レンズのつけ心地の良さからその異常に気が付きづらいので、日頃からケアが必要です。

使用出来る目薬が限定される

ソフトレンズは目薬の影響を受けやすく、目薬の成分によってはレンズを変形させてしまう事もあります。そのため、もしアレルギーなどで特定の目薬を使わなければいけない方はソフトレンズを使えない場合もあります。

コストがかかる

ソフトレンズはハードレンズに比べると寿命が短いので、どうしてもコストがかかってきてしまいます。ですが、これは使用頻度によってもまちまちなので、自分で調べて1番割安なものを選ぶのが良いかもしれませんね。

この記事を書いた人
minami
著者名:minami
年齢:25歳
コンタクト歴:11年
コンタクトデビューした年齢:14歳
視力:近視
プロフィール
中学の部活をきっかけにコンタクトデビュー。メガネが似合わないと思い続けて数年になるが、左右の視力が違うためコンタクトの購入が億劫になりがち。現在は2ウィークを愛用しているが、目のことを考えてワンデーに切り替えるか迷っている。ワンデーは金額がネック…。