初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

コンタクトレンズにおける涙の役割

皆さん、レンズと角膜の間には何の隙間も無く、ピッタリとくっついていると考えていませんか。実はそれは間違いで、レンズと角膜の間には薄い涙の層があり、レンズを浮かせているんです。レンズの上にも薄い涙の層があるため、涙の層でレンズを挟んでいるようなイメージですね。

人間の目、角膜には血管がありません。そのため、レンズと角膜の間にある涙や空気中から直接酸素を取り入れる事が大切なんです。涙が無ければ酸素を角膜に届ける事が出来ないので、目の乾きや角膜の障害を引き起こす可能性もあるので、涙の量は目の健康に直結していきます。

また、目とレンズの潤滑油的な役割もしています。もし涙が無いと、レンズが角膜やまぶたと接触してしまった場合、擦れやレンズのズレが増えてしまい、傷が出来て、その結果として角膜が傷つき、感染症になってしまうかもしれません。涙はそういった事を軽減し、雑菌の侵入も防いでくれます。