初めてのコンタクトレンズにおすすめ情報をご紹介

コンタクトに処方せんは必要?不要?

〇と×の札を持つ女性

今はインターネットを使って、いろいろな情報を集められる時代です。これからはじめてコンタクトを使いたいと考えている方なら、買い方や購入の際に必要なものなどについて調べているでしょう。しかし、情報量が多いからこそ正しい情報が分からず、混乱してしまうケースもあります。

例えば、コンタクトについて言えば購入の際に「処方せんが必要」という情報を得られる一方で、「処方せんが不要」という真逆の情報も目にします。実際は用意するべきなのか、それとも必要ないのか、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

正しいのはどっち?

バツ印を出す眼科医の女性

医薬品ではないコンタクトは、本来、購入の際に処方せんは必要ありません。では、なぜ処方せんが必要という情報があるのでしょうか?これは、多くのショップでコンタクトを販売する時に、処方せんを確認しているためと考えられます。

コンタクトは、正しい使い方をしなければ重大なトラブルを引き起こす可能性のある高度管理医療機器です。多くのショップでは、商品を購入したお客様の目にトラブルが起こらないように、販売する際にチェックをします。その時に確認するものがコンタクトの処方せんです。ちなみに、コンタクトの処方せんは、正しくは装用指示書と言います。

笑顔でコンタクトを販売する店員

処方せんがあればショップの店員さんは、今、商品を買おうとしているお客様が、眼科に通って眼科医にコンタクトの使用を認められた方であることが分かります。また、お客様が購入しようとしている商品が、本人の目にあっているかも分かります。お客様が安全にコンタクトを使えるように、ショップは独自の判断で装用指示書の提出を求めるのです。しかし、提出は義務ではないため、確認をしていないショップもあります。なので、「処方せんが必要」と「処方せんが不要」というまったく別の情報があるのでしょう。

はじめての時は処方せんをもらいましょう

提出の必要がないとはいえ、はじめてコンタクトを使う時は、購入の前に眼科に行って処方せんをもらうことが勧められます。中には、コンタクトの使用自体が向いていない方もいるためです。また、自分の視力や目の状態にあった商品を買うためにも、検診を受けて処方せんをもらっておきましょう。

眼科医の女性と検査の機械

ただし、自宅の近くに眼科がない、時間をとれないなどの理由で前日までに処方せんをもらうことが難しい方もいるかもしれません。そのような方は、眼科と提携しているショップをご利用ください。ショップからの紹介で、当日でも検診を受け、処方せんをもらえます

ですが、混雑の具合によっては、当日に検診を受けられない可能性もあります。休日や祝日は事前にショップ近くの眼科を予約するほうが確実です。