「まつ毛ダニ」によって引き起こされるトラブルとは?

まつ毛にダニ…!?「まつ毛ダニ」によって引き起こされるトラブルとは?

「顔にダニが住んでいる」という事実を1度は耳にしたことがある方も多いと思います。
顔ダニと呼ばれる彼らは、多くの皆さんの顔に生息していると言われています。実は、普段は皮脂を食べてくれるすごい微生物です。しかし、顔ダニの一種である「まつ毛ダニ」に注意が必要なんです。

「まつ毛ダニ」って何?

まつ毛ダニとは、まつ毛の根元に棲みついている顔ダニの一種です。まつ毛ダニの餌は洗顔で落としきることができなかった油分やメイク汚れです。そのため、油分やメイク汚れが溜まった状態を放置してしまうと、まつ毛ダニが増え、あらゆるトラブルが起こる可能性があります。特に、まつ毛エクステンションの長期使用、行き過ぎたアイメイクも原因の一つです


〈まつ毛ダニが原因で起こるトラブルの例〉
・まつ毛が抜けやすくなる
・まつ毛が短くなる
・まつ毛の根元の痛み
・目がごろごろする
・目のかゆみ、乾き
・目やにが出やすい
・アレルギー性結膜炎(まぶたの痛みや充血、まつ毛の硬化など)

まつ毛ダニが繁殖してしまうと、上記のような症状が出ることがあります。特に目の乾きがひどくなると、ドライアイに繋がる可能性もあります。

様々なトラブルに繋がりやすく、まして「まつ毛が無くなってしまったら…」と思うとぞっとしますよね。

まつ毛ダニとコンタクトは関係がある?

まつ毛の根元に汚れが溜まる原因の一つに、コンタクトレンズの長時間の使用があります。コンタクトを長時間つけいると、コンタクトが汚れてしまい、脂分などが溜まりやすくなってしまいます。脂分もダニが繁殖してしまう原因となるので、注意が必要です。

また、原因はともあれ、まつ毛ダニが繁殖し、目にトラブルが起こると、コンタクトをしているのがつらくなってしまいます。
不快感や症状が悪化してしまう可能性もあるので注意しましょう。

まつ毛ダニの繁殖を予防しよう!まずは何から始めたらいい?

まつ毛ダニの繁殖を防ぐためには、日々、目元を清潔に保つことが大切です。目をこすりすぎないように、クレンジングや洗顔で優しく洗いましょう。

また、まぶたの裏にあるマイボーム腺から、目の乾燥を防ぐために分泌された脂が冷えて固まってしまうことがあります。冷えて固まった脂は、まつ毛ダニの温床となる可能性があるため、放置してはいけません。目の周りを温めて、固まってしまった脂を溶かすことも効果的です。

また、現在では、まつ毛洗うためのケア用品が販売されています。
それが、こちらの「アイシャンプー ロング(60mL) 1,723円(8/23現在)」です。


アイシャンプー ロング(60ml)はこちらから購入できます

これは、「まつ毛を洗う新習慣」
をコンセプトに、開発された商品です。アイシャンプーは、涙の科学をもとに作られており、目に沁みにくい目元専用シャンプーです。目に沁みにくいので、目の際まで洗うことができ、目の周りを清潔に保つことができます。シャンプーで洗うことによって、泡がまつ毛の生え際まで届き、汚れを取り除きます。また、まつ毛の毛穴も併せて洗浄できるため、まつ毛の発毛、発育にも効果が期待できる
と言われています。

まつ毛ダニは目のトラブルに直結するものです。特に、日々コンタクトを使用している方にとって、目にトラブルが起きてコンタクトが使用できなくなってしまうと、不便ですよね。まつ毛ダニを増やさないためにも、日々ケアを心がけ、目元を清潔に保ちましょう。

 

この記事を書いた人
minami
著者名:minami
年齢:25歳
コンタクト歴:11年
コンタクトデビューした年齢:14歳
視力:近視
プロフィール
中学の部活をきっかけにコンタクトデビュー。メガネが似合わないと思い続けて数年になるが、左右の視力が違うためコンタクトの購入が億劫になりがち。現在は2ウィークを愛用しているが、目のことを考えてワンデーに切り替えるか迷っている。ワンデーは金額がネック…。