いまの主流はナチュラルタイプのカラコン

いまの主流はナチュラルタイプのカラコン

カラーコンタクトレンズには、カラーレンズとサークルレンズの2種類があります。いずれも瞳の印象を変えるために着ける、アクセサリーのようなアイテムですが、カラーのみで矯正が入らない「度なし」と、視力矯正ができる度つきレンズもあります。 ではカラーレンズとサークルレンズにはどのような違いがあるのでしょうか。その特徴をみてみましょう。

カラーレンズ

カラーレンズ(カラコン)は瞳全体の色を変える色つきのコンタクトレンズです。例えば明るいブルーやグリーンなど、印象をガラっと変えるものもありますが、こういった色つきタイプは個性的なファッション(ゴスロリやビジュアル系など)の人たちや、コスプレイヤー、はたまたホストなど夜のお仕事の方など、特定のシーンでの利用に限られます。 一般の人はナチュラルなカラーのカラコンや、瞳を強調できるサークルレンズを利用することが多く、最近では、サークルレンズのことをカラコンと呼ぶことがほとんどです。

サークルレンズ
サーkクルレンズ

サークルレンズは、レンズの縁に色がついているナチュラルなタイプのソフトコンタクトレンズです。縁を強調して、印象的な目元をつくります。黒やブラウンなどの自然な色味のものが多いので、学校や仕事などでも使えるものが多いです。サークルのサイズや柄(パターン)によって瞳の表情が変わります。